プロの業者は草むしりや庭木の伐採・剪定を安全にやってくれる

面倒なことになる前に【この方法で防草対策】

草むしりに適したタイミング

草むしりをするのに適した時期がある、ということをご存知でしょうか。口コミ形式で紹介したいと思います。

梅雨の時期に草むしりをしておきましょう(40代/男性)

草むしりは、梅雨の前から梅雨明けの間にやることをおすすめします。まず、梅雨前に一度生えている雑草を根こそぎ取っておくといいです。庭木や花などを植えていないのであれば、全体的に土を掘り起こすのも良いと思います。それからは1・2週間に1回のペースで草むしりをしていきます。雨が降る分雑草の生長も早いですが、土が湿った状態にあるので楽に作業できるはずです。

早朝に行なうと楽ですよ(50代/女性)

私は、草むしりは毎回早朝に行なうようにしています。日が昇りきっていない状態でやる草むしりはとても快適ですよ。土が硬い状態だったら、全体的に水を撒いてみてください。それだけで作業が大きく捗ります。

お金をかけずに雑草を枯らす方法【面倒な草むしりが楽になる】

ホームセンターや通販には、草むしりや庭木の伐採、剪定などを楽に行なうための道具がたくさん販売されています。「庭の手入れにあまりお金をかけたくない」という人は、以下に紹介する方法を試してみてください。お金をかけることなく簡単に雑草を処理することができます。

熱湯をかける
熱湯は地上の雑草を枯らせる効果があります。水道水を沸かせてかけるだけという、手間をかけずに雑草を枯らすことができるという、お手軽な除草方法です。ただ根っこを枯らすほどの効果は無いので注意しましょう。
塩水をかける
塩水は除草剤と同じ役割を持っており、手軽にできる除草方法として昔から親しまれています。ただその効果はすごく強く、塩水をかけた場所の周囲の植物まで枯らせる力を持っています。また、いったん塩水を撒いた場所は、土を入れ替えない限り植物が育つことはありません。
お湯

上に紹介したのはあくまで一例で、お金をかけずに庭の雑草を処理する方法はいくつもあります。ただ、熱湯をかけるという方法も塩水をかけるという方法も、それぞれデメリットがあります。熱湯をかけた場合土壌中の細菌や微生物を死なせてしまいますし、塩水は上で書いたように土壌に塩害を与えてしまうことになります。除草後庭でガーデニングをしようと検討している方は、庭に悪影響を与えずに除草してくれるプロの業者に依頼しましょう。草むしりだけでなく、庭木の剪定や伐採なども合わせて依頼できます。

TOPボタン